2008年04月05日

久しぶりの

10日くらい前のことですが、何を考えたのか、とつぜん新約聖書を読みたくなりまして、机の引出しにしまっておいた聖書を取り出し、「マタイによる福音書」を一通り読んでみました。マトモに読むのは高校生以来のことですよ。


聖書は興味深い書物ですし、同時にキリスト教は尊敬すべき宗教だとは考えてきました。ただ、ずっと以前から「神はいると思うが特定の宗教は信じない」というのが、私の宗教的スタンスなのです。

それなのに、「マタイ」を読み終わったとき、不覚にも感動してしまったのですよ。

ただし、イエスを信じる気になったとか、「洗礼を受けよう!」などという衝動に駆られたわけではなく、この書物の奥の深さに驚愕したわけです。中学・高校の6年間でイヤというほど読んだはずなのに、以前とは全く違う読み方ができたり、新しい意味を見つけたりできるわけです。信者でない人間が読んでも驚くほど内容が充実している。それでいて文章は極めて平易で、気軽な気持ちで読めるのがいいですね。


・・・「古典」とは、同じ箇所から色々な解釈ができたり、接するたびに新しい発見があったり、人によって受ける印象がちがったりするからこそ、時代を超えて親しまれ引き継がれていくものだと思う。ベートーヴェンの音楽や、夏目漱石の文学、手塚治虫の漫画、それに私の尊敬するドラッカー博士の経営書もそうでしょう。そういった中にあって、新約聖書はまさに『古典の中の古典』ですな。


・・・やはり、いちど買った書物は捨てずに保管しておくべきだと思いました。優れた書物であるほど読むたびに印象が変わったり新しい発見があったりするものですし、そうした体験を通じて自分の成長や心境の変化を確認することが、読書の醍醐味の一つでしょうね。


ん?今日はちょっとアヤシイ話題だったかな。


 

posted by 黙星 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

酒の飲み方

そもそも、酒に「強い」という表現がよろしくないですね。

それは単に肝臓の機能がアルコールを分解するのに適しているという意味であって、それ以上でも以下でもないのですよ。酒に対する耐性などは、学歴とか、年収とか、社会的地位とか、・・・そういったもの以上に、そのひとの人間的価値を計るのに貢献しない無意味なもののはずなのです。

ところが、酒に「強い」という言い方をすると、それが何か立派なことであるかのように多くの人々を錯覚させてしまうわけですな。

つぶれるまで酒を飲んでしまう人がいますが(ぶっちゃけ自分のことです)、彼もしくは彼女は酒に「強い」ことを自分や周りの人間に認めてもらいたくて飲んでしょうね。(まぁ、そうでない人が大半かもとも思いますが、少なくとも自分はそうでした。)一種の虚勢を張るわけです。そして、つい飲み過ぎてしまい、逆に醜態をさらすと。

そもそも人はなぜ酒を飲むかというと、「気分が良くなるため」ですよ。だとすれば、ほろ酔い気分になったタイミングを見計らってソフトドリンクに切り替えるというのが、節度ある飲み方でしょう。


・・・また一つ学びました。
反省してます。すいませんでしたm(_ _)m
もう飲み過ぎることはないと思います。

・・・たぶん・・・。


 
 
posted by 黙星 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

グレート・アメリカン・ブラック・ジョーク

米国防総省、弾道ミサイル部品を台湾にミス輸送
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080326AT2M2503X25032008.html

> 米国防総省は25日、弾道ミサイル製造関連部品を台湾に間違って輸送していたことを明らかにした。本来はヘリコプターに必要な部品を2006年に輸出するはずだったのが、手続き上のミスなどで大陸間弾道ミサイル(ICBM)につかう電子部品を運んだと説明している。(以下省略)


・・・なんとう壮大なアメリカンジョーク(笑)
それも、とびっきりのブラックですね。

台湾の総統選の直後にこの発表ですよ。
どう考えてもタイミングを見計らってのことでしょう。

自分は軍事には詳しくないので、部品がどれだけ重要な部位のものだったのか分らないですが、「手続き上のミス」とやらも、わざとやったんじゃないですか?


・・・さすがアメリカさん。
日本(おれたち)に出来ないことを平然とやってのける。
そこにシビれるし、憧れもしますね。


・・・久々に政治ネタでした。


 
 
posted by 黙星 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

これなんてギャルゲ?

kitai-24

えーっと、いったい何をプレイされているのですか・・・?
相撲部屋って意外とフリーダムなのでしょうか。


 
posted by 黙星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-文化-芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

トラウマ

nara.jpg

今更ですが、やっぱりお子様に見せるのは控えた方がよろしいかと。
『博多ぶらぶら』のCM並に、トラウマになりそうなので・・・。

この着ぐるみは、特にヤバイ。


 
posted by 黙星 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

うそつき

久々の日記です。

詳しくはお話はできないのですが、最近、実体験や報道を通じて、人間のすご〜くイヤな面を見せ付けられる出来事がありまして。このところ、ずっとそれらのことについて考えてて、どうも気分が優れません。もちろん精神的な意味で。


無知に付け込んで真実でない情報を人に握らせたり、詭弁を弄して他者を都合のいいように動かしたり、そんなことをしてはいけないですね。

(じつは、先日、大人のクセにそういったことを平然とやっている反面教師的な人物に遭遇するハメになったわけです。「ウソをついてはいけません」なんてのは、小学生でも知っている当たり前のことなのですが。)


ただ、無意識のうちにそのような反面教師的な行いや思考を為そうとしていた(している)自分に気づいて、思わずゾッとすることがあったんですよ。

自分の場合、じっさいに他人を騙すという行為に及ぶことはあまりない(・・・と思いたい)のですが、利害関係だけで相手を見てしまうようなことが全く無いとは言い切れないですし。

さらに言うと、(こちらの方がより身近な問題と言えるかもしれませんが、)「騙す」という行為の対象が自分自身であることがよくあるわけですよ。
よくよく我が身を省みると、あの手この手で言い訳を作って現実逃避をしていたり、自分の考えにそわない情報を遮断したりすることが、すごく多いです。「毎日が自分との騙しあい」といっても過言でないくらいです。

「これはいかんね、反省せんとな」って思いました。


(さて、その「反面教師的な人物」が、どのような心理で詭弁を弄しているかは、知るすべはありません。ただ、言っていることの矛盾を私が指摘しても、マトモに答えきれていませんでした。
間違ったことを言っていると知りながら他者にウソを吐いているのか、自分自身が自分のウソに騙されているのか。それ以前に、無意識レベルからウソを真実だと思い込んでいるのか、あるいは第三者に刷り込まれたハナシを自分自身では検証せずに他者に話しているだけなのか・・・。いずれにせよ、彼もしくは彼女が、欲望に捕らわれてオカシクなっているのは確かなようでした。)

ウソを通そうとすれば、どこかで無理が生じるし、そのとき一番苦しむのは自分自身であるはずなのですが。

でもまぁ、正直に暮らすってのは、難しいものだというのも事実でしょうな。





・・・あっ、それから。

「オーラ」というモノの見方が、少しずつわかりはじめた気がします。べつに霊感が表れ始めたわけではないですが、人の放っている雰囲気とその人の人格の間には、密接な関係があるのだと、確信できるようになりました。

「成功者」と呼んでいい人々が放つオーラは凛としてますね。そして、自信に溢れていて何ごとにも動じない空気を醸成しています。「泰然自若」という四字熟語がシックリくるかんじ。
あと、目力がすごいです。目が合いそうになると、思わず目線を横に流してしまいそうなくらい。迫力がありすぎて、直視できないからです。

一方、金銭的には成功している人でも、ウソで塗り固めた生きかたをしている人のオーラはどうでしょう。自身に溢れているという点では前者と共通していても、・・・うーん、言葉にするのは難しいですが・・・、イメージとしては、なんとなく黒くて汚れた感じがするんですよ。


 
タグ:うそつき
posted by 黙星 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

絶望。

今日締め切りのレポート課題があるのに気付いたのが13:00。
(8割方終わってない。)

自宅のPCを使い、約2時間で仕上げ、
(かなり手抜き)

3時15分ごろ、プリントアウト開始。
(ブリンタの速度の遅さに絶望。)

締め切り時間は16時。
(いま、自宅前からバスに乗りました。)




 
posted by 黙星 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

小沢一郎重病説

小沢氏の姿勢、党内からも疑問視 代表質問またも登壇せず
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/71762.html
(01/22 07:06)

小沢氏、ダボス会議欠席へ・方針、二転三転の末…
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080123AT3S2201H22012008.html


このところの小沢代表の言動はまことに謎めいていますね。

小沢代表が代表質問に立たなかったのことについて、鳩山氏は「若い連中に(質問の)機会を与えてくれているということだ」と弁護したらしいですが。しかし、その理由では、小沢氏が自分の代わりに鳩山氏を立たせたのは何故なのか説明がつきません。彼自身が質問に立ち、若手に引き継がせるというのがベストのはずです。


さて、私は、小沢代表はかなり病が重いのではないかと推測します。
(過去にも心臓の病気で何度か入院してますし、躁鬱病であるとの週刊誌報道も流れています。)

・代表質問に立たなかったのは、質問中に気分が悪くなってしまってはどうしようもないから。
・伊吹幹事長の質問中に退席したのは、気分が悪くなったから。
(苦しんでいるところをカメラに収められたくなかったため、役員室に引きこもった。)
・ダボス会議には出席したかったが、病気のため、断腸の思いで断念せざるを得なかった。

このように考えれば、すべての辻褄が合います。


小沢氏は年内に行われる衆院選に勝利し、政権を奪取することを目指しているわけですが、本当に病気が重いのだとすれば、首相の激務に耐えられるはずがありません。仮に選挙に勝ったとしても、彼自身は引退するのではないでしょうか。


 
posted by 黙星 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ドラえもんのヒューマニティ @

・恋をする(初恋の相手はノラミャー子)
・嫌いな動物がいる(もちろんネズミが大嫌い)
・トイレにいく必要がある
・味覚があり、食べ物に好き嫌いがある(ドラ焼きが大好き)
・蚊にさされる
・風邪を引いてしまったことがある(寒いのが苦手)
・毎日、睡眠が必要である
・汗や涙を流す


よくよく考えてみると、これらの機能はロボットには必要ないはずですが、ドラえもんは、どうしてこうも人間的な性格をしているのでしょうね。ドラえもん本人にいわせれば、「ぼくは高級ロボットだから」ということになるのですが、実際の理由はどうなのでしょうか?

このことについて、作者の藤子・F・不二雄先生が、公式な見解を述べています。

「じつは、ドラえもんは、子守り用ロボットである。人間そっくりにできているのは、小さな子どもを育てたり、いっしょに暮らすとき、そのほうがぐあいがいいからなのだろう。」
(「決定版 ドラえもん大辞典」 原作:藤子・F・不二雄 )

これはどういうことでしょうか?



(以下、ある書物の、心理学についてかかれた箇所からの引用です。)

>我が身を保つための食欲、種族を保存するための性欲、それに集団欲、これら三つの本能的な欲求の中で、一番貴重になるのは集団欲であるといわれている。(中略)

>このような集団欲が、一番原始的な形で現れるのが、「肌のふれあい」、「スキンシップ」などと表現されるものである。
>近年、赤ん坊の心身の成長に、このようなふれあいが、精神的な栄養としても、とくに重要な意味を持つことが注目されている。(中略)

>このように、子供の時には、肌のふれあいといった形で働く愛情の交流も、人が成長するにつれて、次第に心のふれあい、すなわち、思いやり、認める、誉めるなどの形へと発展してゆく。

(『セルフコントロールの医学』 著:池見酉次郎 より)


つまり、一人の赤ちゃんが健全な人間へと育っていくためには、周囲の人間との暖かい「ふれあい」がなければならないということです。上記の書物には、赤ちゃんの時にどのように周囲の人々と接したかが、のちの人格形成に決定的な影響を与えるとも書かれています。特に、母親との関係が重要で、誤った母乳の与え方をすることが、大人になったときに拒食症や過食症に陥る原因になる、という説もあるんだとか。

ドラえもんが、可愛らしく思いやりに溢れているだけでなく、喜怒哀楽があり、人間らしい欠点をも持ち合わせているのは、子守り用ロボットとしての任務を果たすために、赤ちゃんとの人間らしい「ふれあい」が必要だからなのでしょう。


さて、藤子先生は、他にも、ドラえもんの性格と彼が「子守り用ロボット」であることの関連性について述べているわけですが、つづきは長くなりそうなので、別の機会に述べようと思います。



 

サブプライムからモノラインへ?

 米低所得者向け(サブプライム)住宅ローン問題で動揺が続く金融市場を、新たなショックが襲った。サブプライム関連の証券化商品の信用を支えた「モノライン」と呼ばれる金融保証専門の保険会社が格下げされ、他の証券化商品や米地方債市場などにも混乱が広がる恐れが出てきたためだ。

 金融商品の保証を専門に手がける保険会社をこう呼ぶ。自治体や金融機関、事業会社が、地方債や社債、住宅ローン債権をまとめた証券化商品などを発行するときにモノラインと契約。保証料を支払う代わりに、債務不履行に陥った場合には、モノラインが金融商品の購入者に元利金を払う。

米国発「モノラインショック」 新たな不安呼ぶ
http://www.asahi.com/business/topics/TKY200801220003.html
2008年01月22日



最近になって俄かに注目を集めはじめた「モノライン」問題。

今起こりつつある問題は何かといいますと、サブプライム関連の金融商品価格が下落して保険金の支払いが増大、モノラインの業績が悪化しつつあるということです。

業績が悪化し、「格付け」の引き下げなどによって信用力が低下すれば、モノラインが保証している他の金融商品の価格も下落することになります。(債務不履行になっても、保険料が受け取れなく可能性が大きくなるからです。)

これらの金融商品が下落すれば、さらにモノラインの保険金支払いが増大して業績が悪化、信用力がさらに下がらざるをえなくなる、という悪循環に陥るわけです。



 ニューヨーク州の保険監督当局と銀行は23日、「モノライン」の救済策を協議した。モノラインの経営が悪化すれば、保証している証券化商品の格付けが引き下げられ、価格の下落を通じて、証券化商品を保有する金融機関の損失がさらに膨らむ恐れがあるためだ。

 英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、ニューヨーク州保険監督当局は今回、市場や金融システムへの影響を食い止めるため、複数の銀行に対して、LTCMの救済を上回る計150億ドル(約1兆6000億円)の支援を要請した。

米サブプライム対策 本腰
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20080125mh06.htm
(2008年1月25日 読売新聞)



さらに具体的なモノライン救済の内容は数日中に発表されると思いますが、中途半端なものであったなら、更なる金融不安を呼ぶ恐れがあります。

今のところ、株式市場は救済策を前向きに評価しているようですが、今後数日間、新聞の金融欄からは目が離せなくなりそうです。


 
posted by 黙星 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際-経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。