2007年01月13日

マーラー 交響曲第5番第4楽章 『アダージェット』

 昨晩、なぜか夢の中でこの曲が流れていました・・・。

 先ほど、あらためてCDで聴いてみたのですが、本当にすばらしい曲ですねぇ、これは。何という美しさ、何という甘味さ、そして何という切なさ・・・。

 じつは、作曲者マーラーが妻アルマと出会ったのが、交響曲第5番の作曲中のことだったといいます。この第4楽章『アダージェット』は、アルマへのラブレターとして書かれたんだとか。
 この曲は、こういった作曲者の心理がよく表れた作品といえましょうね。

 マーラーは生理的に受け付けないのですが(後期の曲になると曲が始まって1分くらいで気分が悪くなります 笑)、この曲と第2番『復活』は別格。

 今のところ、自分の葬式で流したい曲第2位です(笑) ちなみに、第1位はブルックナーの交響曲第9番の第3楽章ですが。



 
posted by 黙星 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 批評-音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。