2008年06月18日

【秋葉原】 NHKからアンケートが来ました 【通り魔事件】

▼mixiのメッセージで、NHKからアンケートが来ました。
NHKスペシャルで秋葉原で起きた通り魔事件を取り上げるらしいです。

どうも、文面から見るに、
今回の事件を社会問題(とくに格差問題や非正規雇用の問題)と
結びつけようという意図が感じられます。
(質問1の文面とか、ほとんど誘導尋問ですよ・・・。)

ちょうど事件について記事を書こうとする矢先だったので、
回答してみるつもりなのですが、

個人的な意見としては、
社会との関連性は、ほぼゼロだと思います。

猟奇的殺人は時代に関係なく起こるものですし、
犯行に及ぶ者の社会的境遇も様々です。

(共通点は、人間関係を造るのが下手なこと、
異性にモテないことくらいでしょうか。)

▼皆さんだったらどのように答えますか?
以下、転載。

突然のメッセージにて失礼いたします。
私はNHKでテレビ番組のスタッフをしています
○○と申します。

今回あなたがmixi上で
書かれている内容を拝見し
もしよろしければ私の担当している番組の方に
ご協力いただけないかと思い、メッセージさせていただきました。
突然で申し訳ありませんが、もし興味をもっていただけるようであれば
ご協力をお願いいたします。

また以下の内容は必要であればコミュニティなどに
転載していただいて構いません。
どうぞよろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------------
私は現在、6/20日金曜日の22:00〜に
NHK総合テレビ・全国ネットで放送されるNHKスペシャル
「追跡 秋葉原通り魔殺人事件」(仮)という番組を担当しています。
http://www.nhk.or.jp/special/

先週、秋葉原で発生した通り魔事件。
今回、私たちはこの事件を様々な角度から検証するだけでなく
ネットを使っている方々がこの事件についてどのように感じているのか?
番組内で広く意見を採り上げたいと考えました。
よろしければあなたの「声」を聞かせてください。

以下に質問項目を用意しました。協力してもよいという方は
このメッセージへの返信
あるいはメールにてお返事いただければと思います。
メールでの送付先アドレス:【編集削除】@nhk.or.jp
なお、お答えいただける場合は誠に勝手ながら
6月18日(水)20時までにメッセージか
メールにてお返事ください。よろしくお願いします。

※お答えいただいたアンケートは放送以外の目的には一切使用しません。
※すべての内容を番組でご紹介するとは限りません。予めご了承ください。

※お名前の紹介などは特に予定していません、匿名での回答で構いません。

以下、質問となります、よろしくお願いします。



先日、秋葉原で起きた「通り魔事件」についてお聞きします。

△質問1.事件の背景には様々な社会問題が関係していると
 指摘する人もいますが、あなたはどう思いますか?
 (例:雇用形態、人間関係、家族関係など)

1.関係しているとは思わない  2.関係していると思う


△質問2.(質問1)で「関係していると思う」と
 答えた方にお聞きします。
 事件の背景に、どのような社会問題が関係していると思いますか?


△質問3.事件の容疑者の心情に、理解できるところはありますか?

1.理解できるところはない  2.理解できるところはある


△質問4.質問3.で「理解できるところはある」と
 答えた人にお聞きします。
 容疑者の心情でどのような点に理解できますか?


△質問5.その他、事件に対するご感想、お考えなどを
 自由にお書きください。


性別  ( 男    ・    女  )
年齢  (       )才
職業  (              )

ご協力ありがとうございました。
お問い合わせは・・

私は NHKスペシャル・番組スタッフ
○○ ○○  【編集削除】@nhk.or.jp  と申します。

番組責任者は・・
NHK報道局社会番組部 チーフ・プロデューサー
△△ △ です。

電話 03-3465-1111 (NHK代表)
どうぞよろしくお願いします。


 
posted by 黙星 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

硫化水素の作り方 TBSが暴露



こちらに死亡者数の詳しい統計が載っています。
平成18年まで、犠牲者数はほぼ一ケタの状態が続いていました。

今回の硫化水素ブームですが、やはりテレビの影響は計り知れないと思う。自分なんか、この手の自殺方法があるなんて全然知らなかったですよ。(ある種の洗剤同士を混ぜると有毒ガスが出るというのは、家庭科の授業で習ったことがありましたが。)

特に上記のTBSのような報道は万死に値します。この局は、いったい何度「死んだ」ら気が済むのやら・・・。

政府が介入するのが難しいのであれば、せめて民法連等の業界団体が呼びかけて、報道を自主規制してはいかがかでしょう。

 
posted by 黙星 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

船場吉兆 客の残した料理を使い回し

今回の件をまとめるならば、以下の三つのことが問題視されているのだと考えます。

第一に、衛生面での問題。
一度出したものをもう一度出すというのは衛生的に問題だといわざるを得ないです。使いまわしたのは「客が手を付けてない料理だけ」で、一応再加熱したとは言ってますが、添え物にはそれすらやらなかったと。食べ物の傷むのが早い夏場にすら、こんなことをやっていたんでしょうか?食中毒が出たらどうするつもりだったのでしょうね。

第二に、倫理や社会習慣から来る問題。
我が美しい国(死語?)の人々は、よほど親しい間柄でないかぎり、人様が箸をつけたものを食べることに対して、かなりの抵抗感を抱きます。知らない間にアカの他人の食べ残しを食わされたと分っては、お客様が怒るのも無理はありません。

第三に、詐欺的行為をしていたという問題。
お客様は、料理が他の客の食べ残しであることなど知らされていなかった。当然のこととして、調理したてのものだと思って食事をしているし、そのつもりで料金を払っています。法律違反として問えるかは別にして、道義的にみれば船場吉兆がやったことは立派な詐欺的行為ですよ。


・・・ちなみに、小生が以前にバイトをしていた飲食店では残飯をどういうふうに処理していたというと、郊外の農家の方に引き渡して、畑の肥料として使ってもらっていたわけです。こういったやりかたを取り入れれば決して無駄にはならない。あるいは、お客様に出すくらいなら従業員に賄いとして供給する方法も考えられる。

食事をするときに残飯を出さないことを習慣にしている私としては、元社長の「もったいない」という気持ちが分らんではないです。しかしながら、やはり船場吉兆のやったことは許されるべきではないと思います。再発防止のために尽力していていただきたいものです。


 
posted by 黙星 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

トラウマ

nara.jpg

今更ですが、やっぱりお子様に見せるのは控えた方がよろしいかと。
『博多ぶらぶら』のCM並に、トラウマになりそうなので・・・。

この着ぐるみは、特にヤバイ。


 
posted by 黙星 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

労働組合は既得権益層なのか

「なぜ若者は小泉首相が好きだったのか?」
(ちょっとだけ)帰ってきたU35マーケティング図鑑【その2】
2007年6月28日 木曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20070626/128317/

【阿部真大 氏の発言】
> ネットでは正社員になれずに非正社員として滞留している若い人たちが「吹き上がって」(編集部注:ネットの掲示板やブログなどで怒りのコメントが大量に付き、盛り上がる状態)います。(*1)そのバッシングの対象は既得権益層なんです。

> 手近な既得権益層は正社員だから、「正社員になれなかったから結婚できない」「正社員になれなかったから親と同じライフスタイルを築けない」、だからネット上では「いっそ、戦争でも起こしてしまえ」と発言する若者が出てきている。

【城繁幸 氏の発言】
> 結局今のところ、正社員と非正社員というダブルスタンダードがありながら、労働基準法は正社員を保護するだけです。正社員はもはや、特権階級の代表になっていて左翼じゃないですから、労働組合と労働者政党に支持が集まらないのは当然です。

 そもそも産業革命以降、資本家による搾取に対抗して作られたのが労組だったわけですが、近年、その存在意義は変わろうとしているようです。

 現在、労働組合の構成員の大半は正社員。国が豊かになり民主主義の根付いた日本では、彼らは安定的な地位に安住し、法律によって強力に保護されています。今や、安い労働力で酷使され、不安定な境遇にあるのは労組の構成員ではなく、派遣社員やパート、アルバイトなどの非正社員です。

 ネット上の世論では、民主党や労組に対する反感がかなり根強いわけですが、阿部・城両氏の発言は、その理由をかなり明確に指摘しています。(もっとも、*1での阿部氏の発言は客観的な統計データに基づくものではありませんが。)

 かつての左翼は、もはや階級闘争を仕掛けられる立場へと変わろうとしているのでしょうか。


 
posted by 黙星 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

異端的極左活動家・外山恒一、逮捕さる

都知事選の落選候補、反則金納付を拒否し逮捕…鹿児島
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070612ic23.htm

> 鹿児島中央署は12日、自称文筆業外山恒一容疑者(36)(熊本市本荘5)を道交法違反(通行禁止違反、最高速度違反)容疑で逮捕した。

> 調べによると、外山容疑者は昨年1月17日未明、鹿児島市千日町の一方通行の市道をバイクで逆走。同年7月10日午前には、同市吉野町の国道10号線で、法定速度(時速30キロ)を20キロ超過してバイクを運転した疑い。

> 同署によると、外山容疑者は一方通行の逆走についてはその場で認め、反則切符(青切符)を受け取った。しかしその後、5000円の反則金を納付せず、電話やはがきで十数回呼び出しても「任意出頭には応じない。裁判で話す」と拒否。

> 速度違反についても署名・押印を拒んだという。


 これも少数派に対する迫害の一つなのでしょうか。
 つーか5000円くらい払えよ(笑)


 
posted by 黙星 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

引き際を間違えたグッドウィル

 最近、小学校2〜3年の時の担任の先生が仰ってた「嘘は必ずバレルのよ」という言葉を、頻繁に思い出すようになりました。


 一件の不祥事が、一瞬にして企業を滅ぼしてしますご時世です。ライブドア、雪印、不二家、日興コーデ、中央青山監査法人など、その例は枚挙に暇がありません。企業にとって、不正を行うということは、もの凄いリスクを伴うものなんですね。

 折口会長はこれらの教訓を学ばなかったと見えます。

 (6/8)コムスン、事業譲渡を凍結・グッドウィル会長会見 http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt212/
20070608AS1C0800B08062007.html
> グッドウィル・グループの訪問介護大手「コムスン」(東京・港)が虚偽申請で事業所指定を受けていた問題で、同グループは8日、厚生労働省の処分通知後初めての記者会見を開き、コムスンの事業を同グループの日本シルバーサービスに事業譲渡する計画を凍結すると発表した。

> コムスンが6日に発表した計画は翌7日に厚労省が行政指導で凍結を求めている。コムスンの事業をグループ外へ売却するのか、当初の計画通り日本シルバーサービスに事業譲渡するのかについて、同グループの折口雅博会長は「現時点では決まっていない。あらゆる選択肢がある」と話すにとどめた


 よほど介護事業に執着があるようですね。まぁ、福祉ビジネスの市場は、団塊世代の老化もあって、今後ニ十年くらいは成長の続く市場だということもありましょうが。

 それにしても、ここまで子供だましとしか言いようのない手段を用いるとは。本当にそこまで固執する必要があったのかどうか。


 グッドウィル・グループ、本業・人材派遣にダメージも
 http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200706090019a.nwc


 各種の報道機関が伝えているように、介護事業の継続はほぼ確実に無理でしょう。
 それは自業自得だから当たり前ですが、事件発覚後の対応の悪さで、グッドウィルグループの企業イメージは一気に悪化したことでしょう。上記の記事にもあるように、他の事業への悪影響も必至と見られます。

 今回の件、最初から潔く責任を認めて事業から完全撤収していれば、グループ全体のイメージも傷つかずに済んだろうし、人材派遣など強みのある事業で利益を確保し続けることも出来たのにと思うのですが。

 某民主党議員の学歴詐称問題の時も似たようなことを感じたのですが、人間、どんな時でも引き際が肝心だということを痛感しますね。



posted by 黙星 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

麻疹がはやってます

 はしか流行、早大も休講に
 http://www.nikkeibp.co.jp/news/flash/534290.html
 首都圏で若者を中心にはしか(麻疹)が流行している問題で、早稲田大学は5月21日、学生の感染を確認したため、全面的に休講すると発表した。5月29日までの1週間あまり、5万5000人の学部生、院生に対しキャンパスへの立ち入りを禁止する。

 同日、東京農業大学も6月3日まで世田谷キャンパスでの授業を休講すると発表した。すでに駒澤大学、成蹊大学、日本大学、和光大学なども休講を実施している。上智大学では5月12日から19日までの休講を終え、21日より授業を再開したが、そのほか東京大学などいくつかの大学では新たに学内での感染を確認し、学生向けWebページなどを通じ注意喚起を行っている。

 今回の流行、某国や某組織による生物テロ実験ではないか。
 つまり、麻疹という死亡に至らない病を実験台に、日本人の免疫力、有効な細菌の散布法などを確かめようとしているのではないでしょうか。

 ・・・というのは、考えすぎですね・・・。

 ですが、警戒を怠るべきではありません。
 自分の身体を感染させて都心部を巡回するという「自爆テロ」が将来起こらないとも限りません。


 はしか大流行はなぜ 大学続々休講 ワクチン効かず?
 http://www.asahi.com/komimi/TKY200705210248.html
 今回の流行は10代以上の若者に多いのが特徴だ。しかも接種したのに発症している。

 なぜなのか。

 1回だけの接種で十分な免疫がつかない人が数%いる。それに加え、「流行回数の減少」が集団感染の原因になっていると専門家は指摘する。

 はしかの流行が少なくなり、ウイルスに接する機会が減って免疫の増強効果が得られなくなった。ワクチンを打っていても「強い免疫」にならず、次第に低下して感染しやすい人が増える。

 ワクチンの問題も含め、色々と課題が残るようです。
 今回こそ死亡に至る病ではありませんが、気を付けなければいけませんね。


 
posted by 黙星 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(1) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

「犯行後に2chへ投稿」は誤報? 福島母親殺害事件

 凄惨な事件が起こりました。被害者のご冥福をお祈りします。

 17歳が頭部持ち自首「母殺した」、殺人容疑逮捕・福島
 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070515STXKC005615052007.html

 今回の事件、一部のメディアが奇妙な報道を行っています。容疑者が自首した前日の夜に、容疑者本人らしき人物が、自らの犯行を告白する投稿を「2ちゃんねる」に行っていた、と言うのです。

 「何で、なんで、ってヒーヒー言ってたよ」 「2ちゃん」書き込みは母親首切り犯か http://www.j-cast.com/2007/05/15007600.html
 母殺害の高校生、2chに書き込みか
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/15/news056.html


 久々に2chの速報ヘッドラインを覗きましたら、ちょっとした「祭り」状態です。気になったので、少しだけ情報収集をしてみました。

【問題のスレッド】
 http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1179144169

【魚拓】
 http://megalodon.jp/?url=http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1179144169/&date=20070515091112

 以下は、容疑者と疑われている人物の書き込みを抜粋したもの。
1 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:02:49.99 ID:zTcKbhLt
「なんで・・・なんで・・・」ってヒーヒー言ってたよ( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

145 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:56:30.38 ID:zTcKbhLt
>>143
両足ならいい?(´・ω・`)

228 :名無しステーション :2007/05/14(月) 22:35:21.29 ID:zTcKbhLt
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

235 :名無しステーション :2007/05/14(月) 22:37:15.01 ID:zTcKbhLt
( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

237 :名無しステーション :2007/05/14(月) 22:38:12.97 ID:zTcKbhLt
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ !!

241 :名無しステーション :2007/05/14(月) 22:39:53.92 ID:zTcKbhLt
プギャプギャ━━━m9(^Д^≡^Д^)9m━━━━ !!!!!!!

316 :名無しステーション :2007/05/14(月) 22:59:22.74 ID:zTcKbhLt
ケラケラヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノケラケラ

319 :名無しステーション :2007/05/14(月) 23:00:48.56 ID:zTcKbhLt
プギャ━━━━━━m9(^Д^)━━━━━━ !!!!!!

325 :名無しステーション :2007/05/14(月) 23:02:35.97 ID:zTcKbhLt
保守

362 :名無しステーション :2007/05/14(月) 23:19:33.90 ID:zTcKbhLt
( ´∀`)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡


 さて、複数の報道によれば、少年が犯行に及んだのは15日午前1時半頃。
 一方、問題の書き込みは、最初の投稿が21時02分、最後が23時19分となっています。全て犯行前に書き込まれたものです。

 今回の報道は完全に誤報であると断言できます。
 この手の殺人自白ないし殺人予告の書き込みは、2chでは日常茶飯事ですし、偶然の力で時期が近くなっただけでしょう。

 少年が犯行後にネットカフェを利用したことが警察側の発表で明らかになっていますし、それを知った一部のメディアが特ダネ欲しさに勘違いをしたのかも知れません。
 とは言え、ごくごく基本的な調査力さえあれば、この程度の誤報を流すことなど有り得ないと思うのですが・・・。もう少し真面目に調べてもらいたいものですね。


 
posted by 黙星 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

受信料強制徴収に見るNHKの独善

 NHK:今月中にも受信契約督促
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/archive/news/2007/05/11/20070511ddm041040152000c.html
 NHKの橋本元一会長は10日の記者会見で、テレビを持ちながら受信契約を結んでいない未契約世帯・事業所に対し、今月中にも「受信料特別対策センター」名で契約締結を求めていくことを明らかにした。
 NHKによると、3月末現在で未契約世帯・事業所は1007万件。要請に応じない未契約世帯・事業所に対しては、契約義務を定めた放送法に違反するとして、契約を結ばせる民事訴訟を起こす方針。

 NHK側が、受信料の未納問題で強硬姿勢に出てきました。

 今回の強制徴収、結局は受信料未納問題の根本的な解決にはならないでしょう。
 実は、放送法にはある抜け穴があり(詳しくは「NHK 受信料」で検索してください)、合法裡に受信料の支払いを拒否する手段が残されているからです。
 ・・・月並みな言い方になってしまいますが、受信料未納を撲滅するのには、視聴者からの信頼と支持を得るのが、遠回りのようで早道なのではないかと考えます。

 すこし話が飛びますが、経営学の権威P.F.ドラッカーは『現代の経営』(訳:上田惇生 ダイヤモンド社)で次のように語っています。
 事業は何かという問いに答えることほど、単純でわかりきったことは無いように思われる。(中略)
 しかし実際には、「われわれの事業は何か」という問いは常に難しく、徹底的な思考と検討なくして答えることは出来ない、しかも通常、正しい答えはわかりきったものではない。

 この問いに対する最も古く見事な答えは、五〇年前、セオドア・N・ヴェイルがAT&T(アメリカ電話電信会社)について出した答え、「我々の事業はサービスである」だった。
 これは答えられてしまえば、わかりきったことに聞こえる。しかしこの定義に到達するには、第一に、地域独占たる電話事業は国営化の対象になりやすいという認識、先進工業国では民営の電話事業は例外であって、その存続のためには社会の支持が必要であるという認識がなければならなかった。
 第二に、そのための社会の支持は、単に広報活動に力を入れることや、批判を非アメリカ的あるいは社会主義的と攻撃することによっては得られないという認識がなければならなかった。社会の支持は、顧客満足の創造によってのみ得られるものだった。

 引用箇所はAT&Tについて語った部分ですが、現在のNHKがおかれている状況、昨今の市場主義優勢の潮流の中では、次のように言い換えることが出来るでしょう。

 まず第一に、NHKは、自身の全てあるいは一部の事業が民営化の対象になりえることを認識しなければなりません。そして、現在の組織形態のままNHKが存続するには、社会(=受信者)の支持が必要であるとの認識を持たねばなりますまい。前にも述べたような、合法的に受信料を拒否する抜け穴が放送法にある限り、強制徴収は受信料未納問題の根本的な解決には役に立ちません。
 第二に、AT&Tのケースと同様、社会の支持は「顧客満足の創造」によって得られることを認識するべきです。受信者にとっての「顧客満足」とは、質の高い番組の提供と、誰もが納得する公平で中立的な報道でしょう。

 残念なことに、現在のNHKにはそのどちらも実現できていません。
 これは完全に私の主観からなのですが、以前のような「さすがNHK!」と思わせられるような高品質の番組が減ってきていると感じるのです。「映像の世紀」や「生命 40億年はるかな旅」など、十年以上を経た後でも見ごたえのある番組を、現在のNHKが制作できているでしょうか。
 同時に、別の機会で、気が向いたときに述べようと思いますが、「クローズアップ現代」など一部の番組が左側に偏向しすぎていることが、一部のメディアや評論家、ネット上から指摘されています。

 さらに、顧客満足につながる価格設定(NHKの場合は受信料)も必要でしょう。ところが、NHK側は、総務省が求める受信料の引き下げや、組織の合理化には消極的と来ています。

 総務次官、NHK受信料下げ「合理化すれば可能」
 http://it.nikkei.co.jp/digital/news/tv_dvd.aspx?n=AS3S1501I%2015012007

 菅総務相、NHK受信料見直し「早く結論を」
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=AS3S0200A%2002022007

 ・・・こんな公共放送で、本当に受信者は納得するのでしょうかね。
 外山○一閣下風に言うならこうなるでしょうか。

 受信者諸君、私が当ブログの管理人である。
 諸君、このNHKは最悪だ。
 「おはよう日本」だとか「試してガッテン」だとか、私はそんな番組には一切興味が無い。
 NHKの自主的改革で問題が解決するような、もはやそんな甘っちょろい段階にはない!!
 今はただ、スクラップアンドスクラップ。
 こんな公共放送はもう見捨てるしかないんだ、こんな公共放送はもう滅ぼせ。
 受信者諸君、奴等NHKはやりたい放題だ。
 我々受信者にとって、いよいよくだらない番組が作られようとしている。
 私は、NHKの偏向報道にもう我慢ならない!
 受信者の諸君、NHKの自主的改革なんていくらやったって無駄だ!!
 我々自身者はもうこんなNHKに何も望まない!
 我々受信者に残された選択肢はただ一つ、こんなNHKはもう滅ぼすことだ。
 ぶっちゃけて言えば・・・、もはや民営化しかない!
 受信者の諸君、これを機会にNHK民営化の恐ろし〜い陰謀を共に進めていこうではないか!!!

 ・・・なお、文章の勢いで書いてしまっただけで、私はNHKの民営化には反対です・・・。


 






posted by 黙星 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

鈴木宗男議員がニコニコ動画に登場!

 先の都知事選挙では、ネットで爆発的人気を呼んだ某候補者が、当初はほとんど無名だったにも関わらず、1万5千もの票を獲得しました。

 ・・・お次は、新党大地の鈴木宗男議員が登場です。

 ネットを利用した広報戦略が定着しつつありますね。


posted by 黙星 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

統一教会ツアーで北朝鮮へ 自衛官を処分

 さきほどショッキングな報道が流れましたので、紹介します。


 自衛官 統一教会ツアーで北朝鮮に無断渡航
 http://www.news24.jp/74223.html


 岩国基地に所属している海上自衛隊の三等海佐が、96年の年末から97年の年始にかけて、北朝鮮に無断渡航していたことが明らかに。
 それも、統一教会の巡礼ツアーに参加して、というもの。

 この三等海佐は無断渡航ののち減給処分を受けたものの、現在でも海上自衛隊に勤務中とのことです。
 海上自衛隊は日本テレビの取材に対し、調査の結果、情報の漏洩はなかったとコメントしています。


 統一教会といえば、新興宗教の中でも何かと問題の多い教団として知られています。
 その教義には反日的な要素も含まれているとか。
 (詳しくはwikipediaのこの記事で。)

 こういった宗教の関係者と疑われる者を自衛隊の佐官に任じたままで、本当に大丈夫なのでしょうか・・・。

 
posted by 黙星 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ホリエモン、週刊誌の独占取材に応ず

 11月28日に被告人質問を終えたライブドアの元社長、ホリエモンこと堀江貴史被告が、ある週刊誌の独占インタビューに応じました。

 記事が掲載されたのは、「週刊朝日」12月15日号の「洗いざらい150分!まるごとホリエモン」と題された特集。

 記事は6ページに及ぶ大ボリュームです。
 インタビューアーは、評論家の宮崎哲郎氏。



 記事では、いつものホリエモン節が健在の様子。

 仮釈放後の私生活、宮内亮治被告や村上世彰被告との関係、女性関係、選挙への出馬と偽メール問題、好きな小説、生死感、将来の夢など、様々な話題についてインタビューが行われています。



 宮崎氏の「今回、国策捜査だと言う声も出ましたが?」という質問に対しては、「そうですね。そもそもなんでいきなり強制捜査だったのか、いまだによくわからない」と回答。
 さらに、一連の捜査は検察の偏見によって行われたものだと主・。

 また、「宮内さんに悪気はないと思うんです。」と証言しながらも、事件は宮内被告を中心に行われたもので、自身は首謀者ではないと主張しています。



 今後の事業に話が及ぶと、夢である「宇宙事業」についても言及。

 今現在、昨年にロシアから購入した宇宙カプセルを改造中だと話しています。
 また、国内でもロケットエンジンの実験や製作を行っているんだとか。
 再来年にはロケットを飛ばす予定だそうです。

 彼が有罪なのか無罪なのかはとにかく、いかなる苦境にあっても夢を語れる、さらに、語れるだけではなく具体的な行動さえ起こしているというのは、・・・やはりホリエモンは大物なのかもしれない、と拙者などは思ったものでした。
(個人的にあまり好きではないのですがね、この人は。)


 
posted by 黙星 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。