2008年07月17日

抵抗勢力に組した小沢民主

次期衆院選で全特が民主支援
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080717AT3S1601516072008.html
 民主党の小沢一郎代表は16日、都内で全国郵便局長会(全特)の浦野修会長ら幹部と会談し、次期衆院選での協力体制の確立で一致した。全特は政治組織を通じ郵政民営化に反対してきた国民新党を支援しているが、同党が推薦する民主党の小選挙区候補も全面支援する。民主党は政権公約(マニフェスト)に郵政民営化の見直しを明記する方針だ。


正気・・・なのでしょうか?

言うまでもなく、郵政三事業の民営化は、前回の衆院選で国民の圧倒的支持を得て実現したものですが。それをいかなる道理で覆すというのでしょう?

本当に選挙のためなら何でもやる人間ですね、小沢は。こんな政治家を決して勝たせてはいけません。国が滅びますよ。

 
posted by 黙星 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内-政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。