2008年07月17日

最強の投資家 ウォーレン・バフェットの投資原則

 具体的にはまず、改善の必要がない定番商品を持っている会社や、今後二十年間は安泰と思われる会社に狙いをつける。それから、全株式を取得して会社を丸ごと所有すると想定した場合、一株いくらならビジネスとして見合うかをはじき出し、実際の株価がその水準になる瞬間を待ちうけるのである。

 幸運にも、短期的利益を追う傾向が強い株式市場では、ビジネスの長期的経済性が軽んじられやすく、しばしばすばらしい会社に著しく安い値が付けられることがある。

『史上最強の投資家 バフェットの教訓
  逆風の時にでもお金を増やす125の知恵』

 メアリー・バフェット & デビッド・クラーク
 徳間書店

▼・・・ウォーレン・バフェット氏の投資テクニックについての記述ですが、もう少し抽象化してみると、

@.これかなと思う商品に目を付ける
A.徹底的にリサーチして、適切な実需価格を算定する
B.実需価格より高いときには買わない、安いときには売らない

▼方法論自体は、極めてシンプルと言ってよいですね。まぁ、シンプルなことが必ずしもイージーだとは言い切れないわけですが。

投資の理論というよりは、商売の基本的テクニックといってもよさげ。株の取引だけでなく、債権・先物・為替などの金融取引、貴金属取引、中古品売買など、あらゆる分野に応用できそうです。

そういえば、最近不動産屋さんが書いた本を立ち読みしていたのですが、本質的には同じことをやってるんですね。

何らかの事情で、土地や建物の所有者が急に現金を確保したくなるときがある。こういったとき、優良な物件が格安で売りに出されていることがあり、そういったときに思い切って物件を買い上げるのだと。

▼結局のところ、成功している人は同じことを考えているようです。






 
posted by 黙星 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 批評-読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。