2007年11月28日

うどん定食 この奇妙な食べ物

天神の某うどん屋で、牛丼定食(うどん付)を食べながら、思った。

「うどん」と「丼物」のセットという、炭水化物どうしのメニュー(以下、「うどん定食」と仮称する)は、何とも奇妙だ。うどん定食の出現の経緯とは、どんなものだったのか。また、うどん定食の出現が教えてくれる教訓と、現代における うどん定食の意義とは何なのか。

以下は、それらの疑問に関する私の考察である。


そもそも、世の中の大多数のうどん屋が、「うどん屋」を銘打ちながら、丼物を売っているのは何故なのか。
私が推測するところによれば、その目的は、一種の経営多角化戦略だといえよう。

牛肉や天ぷらなど、うどんと丼物の間には、共通の食材が多い。また、「どんぶり」という同じ形の器を使う。うどん屋にとってみれば、丼物を出すことによって、限られた経営資源(店舗、調理設備、人員、料理のノウハウ、食材など)で、多様な商品を提供できるようになるのだ。


うどん屋における丼物の販売という「事件」がいつ起きたのか、それを知る術はない。確かに言えることは、この革新的イノベーションにより、顧客は「うどん屋」という一つの店舗で、多様な食べ物を味わえるようになったということだ。

しかしながら、この丼物の出現の時点で、うどん屋の顧客満足は完全に達成されたのか。また、うどん屋のイノベーションへの探求心は完全に潰えたのか。
答えはいずれも「否」だった。

うどん屋における丼物の出現は、「うどんか、丼物か」という厳しい選択を顧客に迫るに至った。メニューの選択に迷った揚げ句、「うどんも丼物も両方食べたい!」と主張する「欲張り」な顧客がいたに違いない。
さらに、彼はこうも言っただろう。「でも、両方丸ごと注文しても食べ切れない…。」

このような顧客の要望に応えて出現したのが、うどんと丼物とをそれぞれ少量ずつあわせた「うどん定食」だった。ここに、麺類と御飯ものという、炭水化物どうしの奇抜なメニューが誕生したのだった。


しかしながら、うどん定食は、(おそらく考案者の意図を遥かに越えて)単なる顧客の「欲張り」の結晶たる意味合いを以上の、画期的な機能を備えるに至った。


うどん定食の画期的な機能について。
詳しいことは、またいずれ、気が向いたら書きます。
posted by 黙星 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 批評-文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。